オリジナルで作るプチギフトに必要な考え方

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式や二次会の終わりなどに新郎新婦から感謝の気持ちとともにプレゼントを渡されることがあります。この中身はカップルによって様々であり、定番は洋菓子ですが、中には和菓子を入れている人たちも少なくありません。他には誰もが知っている製品を記念品として特別に作ってくれることも行なっており、もらう人も喜ぶような形になっています。
そんな中、新郎新婦お手製のオリジナルのプチギフトを入れているケースも多く見られます。この時に必要なことはもらう側の気持ちになって作っていくことです。自分たちがいいと思ったものを渡すこと自体は悪くありませんが、実際にそれを受け取ってみてどのように感じたかということは常に考えておかないといけません。その積み重ねによっていいものを渡せるようになります。

持ち帰りやすいプレゼントを心がける

以前の結婚式の引き出物では、砂糖で作った大きな鯛やコーヒーカップなどの食器類が定番でしたが、あまりにも重くかさばるため不評でした。近年はカタログギフトが増えているように、持ち帰りやすいものが重宝されています。こうした考え方はオリジナルのプチギフトを作る際にも同じです。例えば、匂いの出ないものにするというのも1つの考え方です。キャンドルや手作りの石鹸をプレゼントにするケースもあり、できるだけ匂いのないものにするのがおすすめです。
手作りのお菓子などを渡す場合も考え方は同じです。すぐに傷んでしまうようなものを入れておけば大変なため、保存のしやすいものにするというのも大事です。そのためにはいつから準備すべきかということも考えなくてはならず、喜んで持って帰っていってほしいものを模索することが必要です。

もらっても困らないものを考える

食べ物であれば美味しく食べてほしい、物であればたくさん使ってほしいという思いがオリジナルのプチギフトを渡す側にはあります。しかし、もらっても困るようなものでは使いたくても使えないというケースも出てきます。例えばイニシャル入りの物は日常的に使えるようなものではありません。タオルなどは重宝しますが、なんだか使いにくい印象を与えるのも事実です。
キャンドルなども若い女性などには好評であっても、子育て世帯にとってみれば火を使うことは非常に危険です。新郎新婦の年齢にもよりますが、場合によっては参列者の中で子育て世帯が過半数になっていることもあります。そういう場合は子供が喜ぶようなものにした方が実用的です。せっかく手作りで用意するというのであれば、もらう側の気持ちを考えると、より幸せのおすそ分けをうまくできるようになります。

ピックアップ記事

喜ばれるプチギフト、おすすめはこれだ!

結婚式で引き出物というのは言わずもがなですが、近年ではその他にもプチギフトと呼ばれるギフトがここ数年で特に人気となっています。現在では7割から8割の新郎新婦がこの小さな贈り物を用意するようになったと言...

オリジナルで作るプチギフトに必要な考え方

結婚式や二次会の終わりなどに新郎新婦から感謝の気持ちとともにプレゼントを渡されることがあります。この中身はカップルによって様々であり、定番は洋菓子ですが、中には和菓子を入れている人たちも少なくありませ...

お菓子を使った手軽なプチギフト

結婚式の時にお祝いをくれた方にはきちんとした品物を引き出物として贈ります。披露宴に招待できなかった人や招待したけど、参加できなかった人にもそれなりの品物を用意する必要がありますが、二次会のお見送りの時...

結婚式の最後に配られるプチギフト

プチギフトは小さな贈り物という意味であり、ブライダルシーンでは結婚式を行い続いて披露宴が終わった最後に招待客に配られる贈り物のことを指して呼ばれています。大きさが小さいだけではなくかける費用の金額も小...


必要なこと